桐朋学園芸術短期大学音楽専攻同窓会「桐の音」

■桐の音「18期会」


1984年12月に当時研究科2年の学生有志により、いわゆる“きもだめし”として演奏会を行なう。
その後卒業してからも演奏の場を持ちたいということから広く18期生全体に声をかけ、
出演者を募り、1985年に第2回の演奏会を行なう。その後も演奏会の開催を続け、
1998年4月に第8回を行なった。

当初は演奏会を持つことが目的であったが、回を重ねる中で、反省、話し合い等の結果、
プロとアマチュアの間を埋めるようなもので、日頃あまりクラシック音楽を聴かない方や子供達が
楽しめるような演奏会を目指している。

現在は会員が仕事盛り(職場でも家庭でも)の年代のため、前回の演奏会から少し時間が
経っているが、会員同士で演奏を聴き合う、年に2回の勉強会は続けている。